2010/12/8 水曜日

この一年で読んだ本11

Filed under: books, 自分ごと, その他, 暮らし — harad. @ 16:09:19

    

『ジャンプ』は、リンゴを買いに出掛けたまま失踪した彼女を探す男の話。

「人生の決定的な分岐点はそこかしこにある。」この言葉が帯に書いてあったので読んでみました。

日本全国で一年間に自分の意思で姿を消してしまう人間が7万人もいるそうです・・・。

『40~翼ふたたび』は、オヤジの感動小説です。まだまだ飛べるんです!

後半、ぐぐっと盛り上がってきます!

『奇跡売ります』は、不幸な人に奇跡を与える仕事の話。

報酬はお金と不幸な人を紹介すること。

チェーンメールみたいに奇跡が広がっていく・・・作者自身、そんな仕事があればいいのに、と思って書いたそうです。

『ラストワンマイル』は、新興IT企業と運送会社との闘いを描いたお話です。

窮地、苦悩から産み出される起死回生のビジネスモデルには感心させられます。

おもしろくて一気に読みました。

『ミッキーマウスの憂鬱』は、友人に借りて読んだ本なんですが、これは面白かったです。

ディズニーランドの舞台裏が描かれたお話です。

これってホント?!って言いたくなるようなリアルな舞台裏が描かれています。

作者は事実とは言ってませんが、かなり調べ上げてると思われます。たぶん。。。

表があれば裏がある。表が完璧すぎると振り幅が大きいといいますか・・・。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.133 sec. Powered by WordPress ME